てれてれ日記

かなり時代遅れですが諸事情により独自ドメインで文章を書く練習を始めました。スマート家電使いこなし、子育て、日々のライフハック?的な内容です。

私のインターネット歴は1996年から

おはようございます。

 

インターネット歴は22年。とあるメーカーの貿易部門におりました。

会社同期にマックオタクがおり、またその頃職場は机の上はマッキントッシュ[その後一掃される)、自部門の受発注データ+輸出書類作成はWindowsのアクセスをベースにしたホストと連動したシステムでした。

 

95年にWindowsのフィーバーが起きたにもかかわらず、オタクに影響され

大阪は日本橋にアップルを見に行って買った記憶があります。

確か口座を確認したら28円しかなかった記憶も。どうやって買ったんだっけ・・

 

初代MACのインターネットは電話回線で「ぴ~~~・・・ひょろろろ・・・・」という

音ののちにつながる代物で、ネットの設定も今よりずっとハードルが高く、オタク君にセッティングに来てもらいました。今のセットアップの簡単さとか信じられないです。ブラウザはNetscapeでした。

最初はホントに何していいかわからず、MACがフリーズして出る爆弾マークに怖くなって電源消して寝てました。

 

その頃はYahoo!Japanに登録された情報も少なく、すぐ行き詰まりました。ニフティ・サーブの掲示板に行ってみたものの、うっかり実名のままログインしてしまい

「こんにちは、xxさん!」「こんにちは!」と迎えられて

びびって退出しました。

ほとんどがテキスト主体のサイトで、画像があったりすると読み込むのにもめっちゃ時間がかかって。地図なんて読もうものなら「ちょっとコーヒー入れてこよう」って待ってた気がします。

 

少しずつ少しずつ、ネットが充実していって。 

Yahoo!のサービスが増えるとちょっと試してみる感じでした。

Yahoo!グループやフォト、ブリーフケース、メール(webメールデビュー)、ファイルボックスとか。

 

当時は

「行ったお店の場所と写真と感想とか、地図と連動させて自分だけの記録つくれたら楽しいし便利だろうな~」と思ってたのですが。

今はそんなのサクサク出来ますよね~・・

 

ユーザー側でしかなかったけれど、まだまだ使う人が少なかった頃なのに

もっと先行者として発信する側に回れば良かったな~と今なら思います。

 

そういう意味では、今流行りだしているものも面白いと思ったものは試してみるべきかな。Google Home以外にも何かあるかな~~~

 

今週のお題「わたしのインターネット歴」

新しい分野の勉強法:まず簡単な本でそのジャンルの全体を掴む

おはようございます。
 
新しい分野の勉強をする時、皆さんは何から手をつけますか?
資格試験の場合、いきなり過去問を解き始めますか? それとも参考書を読みますか?
 
私は以前 『世界一やさしい問題解決の授業』の著者の方が日経アソシエに書いていた方法を実践しています。
それは、
・子供向けの本だったり漫画だったりまず簡単に全体像がつかめるものを読む
・それからその業界で定番となっている本など少し難しい本を読む
・さらに学説や主張が分かれている場合は、それぞれの立場の著者の本を読む。
こうすることで、その分野や業界の基本知識や大体の意見立場がつかめると言うものでした。
 
 
今回宅建と言う分野は全く未知なので、私も漫画の本を先に買いました。
また、過去問も買いました。過去問は私にアドバイスをくれた方は、過去15年分を3回解けば必ず受かるとおっしゃりました。
 
そこまでの時間を割けるか自信は無いですが、私はまず漫画で全体を掴む→次に過去問→間違えば漫画と参考書で見直しを一通りやりたいと思います。
 
他にも、以前

僭越ながら【1テーマの本を30冊読んで勉強するブログ】

と言うブログがあり学習法についてかなり注目を集めていました。
勉強に適した方法時間管理の方法など、時々ここも参考にしながら進んでいきたいと思います。
 
 
 
 

大人になってからの勉強 宅建を受けようと思います

こんにちは。

思い立って、10月の宅建試験を受けてみることにしました。

不動産投資に興味があるのですが、実際に不動産投資だけで生活している知り合いに話を聞いたところ、下記のような答えがありました

 

・皆、低金利ローンできれいな物件を~と安易なものだけ見がちだが、実際の不動産投資はそんなものではありません。

・お金のない人は頭と体を使わなければいけない。

・頭とは、最低限宅建の資格を取って不動産にまつわる法律の知識を備えることである。それによって、各物件が抱えるメリットデメリットや、それに対する戦略を立てることができる。

・体とは、100軒ノック。物件を回って見る目を養うことである。水回りや値段などこれはと思うものに出会うまで100軒、そこからめぼしく大家と条件が合うのは1軒。

 

不動産投資の話にはみな興味を持つが、耳障りの良いものだけ飛びつこうとして、 実際に泥臭いところまで踏み込む人は少ない。

(その方に言わせれば)宅建取得レベルの問題解決ができない人間が、海千山千の不動産投資と渡り合えるはずもない。

 

なるほど~~~。確かに何も知らないで飛び込む世界ではありません。

宅建が取れたとしても資格コレクターで終わっては意味がないと思いますが、

資格試験を全くの知識ゼロから取るということに関してはやる気が出るのでちょっと頑張ってみようかと思います。また、大人になってからこういった資格試験や勉強するときに必要なノウハウについてもシェアしていけたら良いなと思います。

一人の時間の過ごし方:自分の毎日をちょっと見直してみる。

おはようございます。

毎日、生活や細々したやることに流されていって、本当にやりたいことや

時間をかけて取り組みたいことが出来ていません。気がつけば一週間終わっている・・ってことが多くないですか?

 

私には立ち止まって、自分は大事なことができてるか?できてないなら何が問題か?

じゃあどうアクションする?と、自分と向き合う時間が必要だと思います。

で、人がやっていた振り返りの項目が使いやすそうだったので、自分も試してみました。これ結構いいかも。

 

下記は質問と、回答例です。

私には結構効果的な質問です。よかったら試してみてください~。 

 

【活動内容】

0)昨日は何をした?
①資格の勉強 30分
②ブログ 0分
③筋トレ 60分
④家計簿つけ 60分

(外出や家事は入れていません)

【自分に質問】
1)目標はなんだっけ?
①資格試験に受かって収入を得るステップにする
②自分の強みをもっと明確にして人の役に立てる仕事につなげる
③3kgやせる
④投資など不労所得を増やす

 

2)何がうまくいっている?
①資格試験 とりあえず申し込んだ、参考書を買った

④証券会社の口座を開いた

 

3)何がうまくいっていない?
①家計の全体収支の把握が出来ていない。
②夏休みで資格勉強の時間が取れていない

③筋トレの継続

 

4)どうしたらいい?
①やる時間をつくる。週1でも確保する。

②やる時間をつくる。ブログより優先。30分早く起きる

③一人じゃ続かないので続けられそうなアプリを使う

 

5)このことで何を気付いた?何を思い出した?

時間の確保と、続けられる仕組みが必要

 

6)達成することでどんな感情を手に入れる?

毎日楽しい。心配せず好きなことができる。

 

お題「ひとりの時間の過ごし方」

Google Homeの使いこなし方続編 Chromecastと併用で進化!

この弱小ブログのアクセス解析No.2は

Google Homeを使いこなす方法 Spotify無料会員の場合 - てれてれ日記

です。

Google Homeを春に購入し、その後Chromecastも購入しテレビのHDMIに挿して使っています。色々便利になったので今の状況を。

<音楽>

・適当に音楽が聞きたい場合

=>「ねえGoogle、”アーティスト”or”ジャンル名”の曲をかけて」

・ピンポイントの曲が聞きたい場合

=>「ねえGoogle, Youtubeで”曲名”をかけて」

ChromecastとYoutubeの合わせ技だとピンポイントでかけてくれるようです。

Google Play Musicクラウドにアップしている自分のCDの曲を聞きたい場合

=>なんかうまくいきません。

 

と思ったら、Google HomeではGooglePlayMusicの定期購入ユーザーでないと連携できないようです。(スマホGoogle Play Musicアプリで再生しそれをスピーカーで流すことは可能だが、音声でHomeへ指示はできない)

また、YoutubeGoogle Homeとの連携はYoutubeRedという有料会員のみで、テレビで流せているのは音楽サービスとは別の理由なのかも。

<ニュース>

スマホGoogle Homeアプリ側で聴きたいニュースを選んでおくと

NHK、日経ニュース、BBCスポニチなど

聴きたい順番に聴くことができます。

つまらないニュースなら「OKGoogle、2分スキップ」と飛ばすこともできます。

<TVで動画再生>

・寝る前のヨガ動画がみたい

=>「ねえGoogle Home、テレビで寝る前ヨガをかけて」=>Youtube動画がテレビで再生

・パソコンの画面をテレビに写したい

=>PCのGoogle Chromeブラウザの右端にある縦3つのポチをクリック>キャスト>キャストするデバイスからテレビを選択

<ラジオを聞きたい>

=>「ねえGoogleradikoNHKラジオ第一をかけて」

=>夏休み子供相談室で涙を流せます。(今日これ読んだので試した)
hachimoto8.hatenablog.com


詳しくはGoogle Supportにコマンドなど色々載っています。

Google Home で音楽を聴く - Google Home ヘルプ

 

IFTTTなどはまだ試せていませんが、そのうちやってみたいと思います。

 

 

私のモチベーションは道具とコミュニティ、例えば「30日間フィットネスチャレンジ」とFB

今週のお題「わたしのモチベーションを上げるもの」

 

アプリが多すぎるとどれから使って良いかわからない。

情報が多すぎると自分が混乱する。

とはいっても、耳をふさいで現状維持するのは進化がなくもったいない。

 

毎日身の回りに課題はあふれています。

・家の中の「ここ使いにくいな」から、

・太ってきたが運動が続かない

・お酒がやめられない

・自炊したいけど時間がない

・勉強したいけど時間がない・やる気が出ない

・お金を貯めたいけどどうしていいか分からない、家計簿続かない

・睡眠が足りない

・人間関係が辛い

 

うっわ~書き出すといくらでも出てきます。

これに耳をふさいでお酒や甘い物でごまかしネット見て寝る毎日を送っていると

あっという間に10年過ぎて成人病のできあがり!コワ。

 

でも最近は、アプリやスマート家電とSNSの合わせ技で結構いい方向に進んでいます。

今日は例を1つ。

「30日間フィットネスチャレンジ」というアプリです。

iPhoneはこちら↓

「30日間フィットネスチャレンジ」をApp Storeで

Androidはこちら↓

play.google.com

これは、毎日アプリが指示する筋トレメニューをこなし、終わると「おめでとう!」と褒めてもらえるというものです。

だんだんハードになっていき、30日こなすと盛大に褒めてもらえます。

 

よく出来ていますが、一人で孤独にやっていると続きません。

そこで登場するのがFacebookです。

Facebookで、このアプリで毎日筋トレを行う非公開グループに参加しました。

毎日筋トレできたら、筋トレ終了のスクショを投稿します。

実際に筋トレしている人の投稿を見たり、毎日投稿していると

「筋トレ・投稿を途切れさせたらかっこ悪い」と

地味にプレッシャーがかかります。

 

おかげで、初級1の30日間をコンプリートすることが出来ました。

一人じゃなかなか出来ませんでした。

 

最近の私の考え方は

・道具で解決できるなら道具に頼る

・努力や我慢をしないで解決できる方法を選ぶ

・安心できるコミュニティで情報を交換する

 

になりつつあります。とはいえ身の回りに問題はあふれているので、少しずつ良い方向に変えていきたいと思います!

 

 

ゲームは目に悪いからと買ってもらえなかったが結局近視になった

今週のお題「ゲームの思い出」

 

こんにちは。

今日はあっつい中インドアでこんなもの書いています。

初めて出会ったゲームはゲームウォッチ。小2くらいでサンタさんが買ってくれた。

そのころ腕時計でゲームができるものもあり、嬉しがって使っていた。

昭和50年台、喫茶店に行くとインベーダーゲームのテーブルがあったような気がする。

 

小学5年の頃、友達のお父さんが手作りでコントローラーを作ってマリオブラザーズをやらせてくれた。コントローラーはお菓子のゴーフルの空き缶。赤青白黄色といった何本ものコードがそこからキーボードだかファミコンカセットだかに繋がれていた。

 

Windows95が出る10年前、コントローラーを自作できるお父さんのすごさがどの程度だかはわからないけど、私にはすごいと思えた。

私はそこで、マリオブラザーズやらハエが出てくるゲームやら、ヘリコプターで人を救出するゲームをやっていた。ハマりすぎて人のうちにメガネ持っていてアポなしでお邪魔していたな。。友よ、ご迷惑をおかけしました。

 

小学6年、みんながファミコンを買いだした。が、私は「視力がこれ以上悪くなったら困るからだめ」と買ってもらえなかった。

名作スーパーマリオブラザーズにふれる事ができたのは、大学2年だった。。

彼ができ、ゲーム好きだったので思う存分やらせてもらった。なかなか2面もクリアできなかったのだが、その彼が留学する時にゲームを預からせてくれたおかげで

徹夜して8面までクリアした。その時の達成感ったら。映画「ロッキー」で勝った時の音楽と「エイドリアーン!」と恋人を呼ぶ声が脳内を流れた。

(この時から何か達成した時はいつもこれが流れるようになる。)

彼に教えてもらったゲームは他にはストリートファイター2くらいか?就職して忙しくなり、自分で買うほどではなかったので私が語れるゲームはこれくらい。

 

しかし結局視力は、ゲームがなくても0.06に落ちましたとさ。ゲームがなかったら漫画、漫画がなかったら小説、ネットができたらパソコン・・と目を使う娯楽が多すぎたので。