てれてれ日記

かなり時代遅れですが諸事情により独自ドメインで文章を書く練習を始めました。スマート家電使いこなし、子育て、日々のライフハック?的な内容です。

あさイチ勝間和代さん出演のメモ&感想

いろいろうわーっと刺激されたことをメモ。
 
料理や断捨離など詳細は早速まとめてあったのでこちらをご参照ください。
 
勝間さん、朝から若干緊張していた。両側をはさむ男性司会者(博多華丸・大吉という芸人さんらしい)はもっと緊張していて
「どういじっていいかわからない」「さっぱり共感できない」と困り顔を浮かべつつ進行していた笑
 
私もちきりんブログから影響されたロジカル家電、ホットクックや塩分0.6%をだーっと説明する姿に
「こんなマニアックな話、お茶の間の反応が怖いわ」と他人事ながら心配しつつ見ていた。
ぜーったい「こんなんお金あるから出来るんだ」とか「手作りが一番」とか言う人いるもんね~。
毎日の労働を手放しつつ生活の質を上げたいと考えられるかどうか。
お金がないならないなりに、どこからマネできるか考えられるかどうか。
私も自分の部屋の雑さを諦めずに改善していきたい。
 
ちゃきちゃきと合理的家事の説明をしていたが、
カミングアウトの話題になると、あっという間に涙ぐまれていた。
こんなに賢い人で、こんなに成功を積重ねて来た人にとっても、弱い部分はあって
それを話す時は動揺する。
それでも「自分と同じ苦労を後に続く人にさせたくない」と、自分の得た学びをシェアする。
これが、この人の弱みで、強みなのかなあ。
自分の弱さを克服する為に積み重ねて来た努力と成功が、結果「頭が切れすぎて怖い」と思われてしまう。
一方で、ここ5~6年くらいでの本人の変化な気がするけど、自分の弱みをさらけ出して、他の人に勇気を与えてくれる。
弱みと強みは紙一重
「こんな自分は駄目だ」と思い続けるより、「こんな自分もいるけど、こういう自分で役に立ててる」と思えるようになりたい。

Rumba kills Tanita 新技術は異業種の製品も殺す

Video kills radiostar・・がリフレインしています。
 
昨日、体組成計タニタ君がお亡くなりになりました。理由は分かっています。私はルンバをかける時、いつも体組成計を15センチほどの高さの棚に立てかけていたのです。いつもセンサーのあるものを立てたり、横にしたりするのは良くないな、ルンバブルな家は体重計どうしてるのかなと思いながらそれを続けていました。
昨日のこと、タニタ君を元の位置に戻そうとした時に手が滑って15センチほどの高さから落として
しまい、その衝撃で上下の筐体が外れて基盤が見えてしまいました。無理やりはめ直したものの、その後、設定などはできるものの人が上に乗ったらスイッチがオンになるセンサーが働かなくなってしまいました。
「何でもかんでもググれ」というアドバイスを思い出しググりました。「樹脂基板を押さえれば良い」とあったのでもう一度無理やり開けたところ、うちのタニタ君は10年選手のためプリント基板でした。よく見ると4隅から基盤につながるカラフルな導線のうち、白い線のはんだがとれていました。はんだづけは新卒研修でやったことがありますが、うちにはんだごてがない。さらに2度の開け締めで筐体の上と下が完全にはまらなくなってしまいました。
今日の学びは
体組成計は動かすな
でした。
 
タニタ君、いつも若めに体内年齢出してくれてありがとう。
若いタニタ君買ってくるよ・・
合掌
 
追記 
殺したのお前やろと言われそうですが、ルンバ様を忖度した結果です。
 
追記2
体内年齢のメーカー比較
パナソニック:実年齢に近い
タニタ:若く出る
オムロン:めちゃめちゃ若くでるそうです
松下くん、実直だけだとモテないよ~・・
 

一人の時間の過ごし方

おはようございます。

一人の時間を確保する為、土日も毎日5時半に起きています。

筋トレをし、とあるメルマガを読み文章を書いて朝ごはんの支度をします。

しかし最近、筋トレ後眠くなってしまいます。

筋トレがハードになってきたせいか、メルマガのテーマが難しくなってきたせいか。

余力があれば宅建の勉強もしたいのに、眠い!!

何か口にいれる為に朝ごはんを作らなければ(<==イマココ)

 

続きはまた午後にでも書きます。

では良い1日を!

私のインターネット歴は1996年から

おはようございます。

 

インターネット歴は22年。とあるメーカーの貿易部門におりました。

会社同期にマックオタクがおり、またその頃職場は机の上はマッキントッシュ[その後一掃される)、自部門の受発注データ+輸出書類作成はWindowsのアクセスをベースにしたホストと連動したシステムでした。

 

95年にWindowsのフィーバーが起きたにもかかわらず、オタクに影響され

大阪は日本橋にアップルを見に行って買った記憶があります。

確か口座を確認したら28円しかなかった記憶も。どうやって買ったんだっけ・・

 

初代MACのインターネットは電話回線で「ぴ~~~・・・ひょろろろ・・・・」という

音ののちにつながる代物で、ネットの設定も今よりずっとハードルが高く、オタク君にセッティングに来てもらいました。今のセットアップの簡単さとか信じられないです。ブラウザはNetscapeでした。

最初はホントに何していいかわからず、MACがフリーズして出る爆弾マークに怖くなって電源消して寝てました。

 

その頃はYahoo!Japanに登録された情報も少なく、すぐ行き詰まりました。ニフティ・サーブの掲示板に行ってみたものの、うっかり実名のままログインしてしまい

「こんにちは、xxさん!」「こんにちは!」と迎えられて

びびって退出しました。

ほとんどがテキスト主体のサイトで、画像があったりすると読み込むのにもめっちゃ時間がかかって。地図なんて読もうものなら「ちょっとコーヒー入れてこよう」って待ってた気がします。

 

少しずつ少しずつ、ネットが充実していって。 

Yahoo!のサービスが増えるとちょっと試してみる感じでした。

Yahoo!グループやフォト、ブリーフケース、メール(webメールデビュー)、ファイルボックスとか。

 

当時は

「行ったお店の場所と写真と感想とか、地図と連動させて自分だけの記録つくれたら楽しいし便利だろうな~」と思ってたのですが。

今はそんなのサクサク出来ますよね~・・

 

ユーザー側でしかなかったけれど、まだまだ使う人が少なかった頃なのに

もっと先行者として発信する側に回れば良かったな~と今なら思います。

 

そういう意味では、今流行りだしているものも面白いと思ったものは試してみるべきかな。Google Home以外にも何かあるかな~~~

 

今週のお題「わたしのインターネット歴」

新しい分野の勉強法:まず簡単な本でそのジャンルの全体を掴む

おはようございます。
 
新しい分野の勉強をする時、皆さんは何から手をつけますか?
資格試験の場合、いきなり過去問を解き始めますか? それとも参考書を読みますか?
 
私は以前 『世界一やさしい問題解決の授業』の著者の方が日経アソシエに書いていた方法を実践しています。
それは、
・子供向けの本だったり漫画だったりまず簡単に全体像がつかめるものを読む
・それからその業界で定番となっている本など少し難しい本を読む
・さらに学説や主張が分かれている場合は、それぞれの立場の著者の本を読む。
こうすることで、その分野や業界の基本知識や大体の意見立場がつかめると言うものでした。
 
 
今回宅建と言う分野は全く未知なので、私も漫画の本を先に買いました。
また、過去問も買いました。過去問は私にアドバイスをくれた方は、過去15年分を3回解けば必ず受かるとおっしゃりました。
 
そこまでの時間を割けるか自信は無いですが、私はまず漫画で全体を掴む→次に過去問→間違えば漫画と参考書で見直しを一通りやりたいと思います。
 
他にも、以前

僭越ながら【1テーマの本を30冊読んで勉強するブログ】

と言うブログがあり学習法についてかなり注目を集めていました。
勉強に適した方法時間管理の方法など、時々ここも参考にしながら進んでいきたいと思います。
 
 
 
 

大人になってからの勉強 宅建を受けようと思います

こんにちは。

思い立って、10月の宅建試験を受けてみることにしました。

不動産投資に興味があるのですが、実際に不動産投資だけで生活している知り合いに話を聞いたところ、下記のような答えがありました

 

・皆、低金利ローンできれいな物件を~と安易なものだけ見がちだが、実際の不動産投資はそんなものではありません。

・お金のない人は頭と体を使わなければいけない。

・頭とは、最低限宅建の資格を取って不動産にまつわる法律の知識を備えることである。それによって、各物件が抱えるメリットデメリットや、それに対する戦略を立てることができる。

・体とは、100軒ノック。物件を回って見る目を養うことである。水回りや値段などこれはと思うものに出会うまで100軒、そこからめぼしく大家と条件が合うのは1軒。

 

不動産投資の話にはみな興味を持つが、耳障りの良いものだけ飛びつこうとして、 実際に泥臭いところまで踏み込む人は少ない。

(その方に言わせれば)宅建取得レベルの問題解決ができない人間が、海千山千の不動産投資と渡り合えるはずもない。

 

なるほど~~~。確かに何も知らないで飛び込む世界ではありません。

宅建が取れたとしても資格コレクターで終わっては意味がないと思いますが、

資格試験を全くの知識ゼロから取るということに関してはやる気が出るのでちょっと頑張ってみようかと思います。また、大人になってからこういった資格試験や勉強するときに必要なノウハウについてもシェアしていけたら良いなと思います。

一人の時間の過ごし方:自分の毎日をちょっと見直してみる。

おはようございます。

毎日、生活や細々したやることに流されていって、本当にやりたいことや

時間をかけて取り組みたいことが出来ていません。気がつけば一週間終わっている・・ってことが多くないですか?

 

私には立ち止まって、自分は大事なことができてるか?できてないなら何が問題か?

じゃあどうアクションする?と、自分と向き合う時間が必要だと思います。

で、人がやっていた振り返りの項目が使いやすそうだったので、自分も試してみました。これ結構いいかも。

 

下記は質問と、回答例です。

私には結構効果的な質問です。よかったら試してみてください~。 

 

【活動内容】

0)昨日は何をした?
①資格の勉強 30分
②ブログ 0分
③筋トレ 60分
④家計簿つけ 60分

(外出や家事は入れていません)

【自分に質問】
1)目標はなんだっけ?
①資格試験に受かって収入を得るステップにする
②自分の強みをもっと明確にして人の役に立てる仕事につなげる
③3kgやせる
④投資など不労所得を増やす

 

2)何がうまくいっている?
①資格試験 とりあえず申し込んだ、参考書を買った

④証券会社の口座を開いた

 

3)何がうまくいっていない?
①家計の全体収支の把握が出来ていない。
②夏休みで資格勉強の時間が取れていない

③筋トレの継続

 

4)どうしたらいい?
①やる時間をつくる。週1でも確保する。

②やる時間をつくる。ブログより優先。30分早く起きる

③一人じゃ続かないので続けられそうなアプリを使う

 

5)このことで何を気付いた?何を思い出した?

時間の確保と、続けられる仕組みが必要

 

6)達成することでどんな感情を手に入れる?

毎日楽しい。心配せず好きなことができる。

 

お題「ひとりの時間の過ごし方」