てれてれ日記

かなり時代遅れですが諸事情により独自ドメインで文章を書く練習を始めました。スマート家電使いこなし、子育て、日々のライフハック?的な内容です。

地震の後 余震に備えて準備したものリスト

おはようございます。

昨日は関西の方々はびっくりしましたね。。

地震が起きた時刻は下の子が登校し、上の子と私はうちにいたのですが、地響きとともにものすごい揺れがありました。

慌てた上の子と私で一旦玄関から外に出ましたが、おさまったので室内に入りました。

食器棚からグラスが落ちて割れていました。

 

震源地が「大阪北部」という報道に私たちが結構真上にいること、NHKの緊急具合からただ事ではないと思いました。下の子は学校校門通過というGPSサービスのメールが届いていたので「たぶん大丈夫」、上の子は「もう学校いくから」何・とさっさと登校してしまいました。

 

案の定子供達の学校は休校となり、昨日は余震に備えて何ができるか考えて、ある程度の準備をする一日でした。

あまり経験を積みたくないものですが、私たちは過去20年ほどの間に大きな震災をいくつも経験しています。本当の当事者になったのはこれが初めてですが、記憶を頼りに買い出しに走りました。

朝9時時点でコンビニは混んでいて、10時にはおむつやラーメンを爆買いする人たちでドラッグストアは長蛇の列でした。

 

<用意したもの>

・飲み水

・食料少し(パンやラーメン、食器が不要なもの)

・トイレ用の水(ふろおけやバケツなどに溜める)

・ガソリン

・懐中電灯

・乾電池

・乾電池が使えるスマホ充電ケーブル

・乾電池で使えるラジオ

・ガスコンロ

・枕もとにスリッパか靴(大きな地震でガラスが散乱している時に足を切らないように)

非常持ち出し袋(現金・通帳・印鑑・一泊分くらいの支度)

 

特にトイレは、断水のときに流せずすぐに山もりになり、かなりキツイと肉親から聞いていたのを思い出しました。

スマホの充電とガソリンは東北の震災を経験した友達から。

ガスコンロはうちがオール電化なのと、両親の経験から。

 

阪神淡路のあと、「寝るときは眉毛書いて寝てる!」と言っていた人のことを思い出したり。

ほんと震災多すぎです。

 

普段は断捨離、「使うものしか置かない」「使うものは都度amazonで買えばよい」

と思っていますが、こういう時って「備える」「念のため」で、断捨離と対極にあるよなぁ。。

でも普段のシンプルな暮らしは電気にネットや宅配サービスなどの安定したインフラがあって成り立っているもの。

地震への備え、ある程度はいるものですね。

 

昨日のが本震で、余震がもう来ませんように。

 

 

 

 

 

自分の成長過程と父と、今の自分

父に贈る言葉というか、自分自身を振り返ってみる。

 

子供のころはお父さん大好きで、いつも背中に上ったり、膝に乗ったりしていた。

休日にはいつもどこかに連れて行ってくれたり、たまに本を読んでもらったりした。

(カセットテープに父の朗読が残っていたのはなんだったんだろう・・)

中学生になってもお父さんに反抗することはなく、英語を教えてもらったりしていた。

 

転機は高校くらい。

そのころ職場をかわった父は酒量が増え、人間関係があまりうまくいかないようだった。当時50歳手前くらいか。

毎晩食卓でウイスキーの瓶を半分近く空け、そのまま居眠りしてものすごい音量の歯ぎしりをかせたり、トイレを汚したりし、それについて母親のストレスが増えた。「いつか外で不祥事をやらかして首にならないか」とも心配していた。私は毎日グチを聞かされた。

好きで尊敬していた父がお酒を減らす日も作れず醜態をさらし、許せないと思った。母のグチには「いややったら離婚しらええやん。私新聞配達でもして大学いくわ」と世間知らずにも言っていた。

 

大学にゆき一人暮らしをし、少し距離をおいて見るようになったが、たまに帰省して「お酒を減らしたら」と父親に言うと「ぐちゃぐちゃぐちゃぐちゃ言うな!」と怒鳴られた。いつも優しい父なのに、ことお酒に関してだけはそんな風で、耐えられなかった。

母親に「反吐が出る」といって、しばらく父親と口をきかなかった。

就職しても実家住まいではなかったので、たまに帰省するだけになった。父にはもうあまりお酒のことは言わなくなったが、冷たくもなってそのままだった。

 

父は結局65歳すぎで肝硬変になり、突然倒れて一晩で亡くなった。

「お母さんに迷惑をかけなくてよかった。寝たきりとかにならず良かった」

と思った。

 

今、酒量が増えた50手前の父のことを思い出すと

・職場を再度変わるなど、他に選択肢はなかったのか

・仕事からまっすぐ帰宅し酒を飲んでいたが、趣味の時間など平日に作ればよかったのか

・今の時代みたいにネットで外の世界の情報を入手できなかった当時の狭い世界で何が出来たんだろう

と思う。

 

私の成長過程は大好きな父を尊敬できなくなるプロセスだった。そして関係をうまく修復できないままだった。

亡くなってしまうと好きだった頃の感情しか残らないが、今の成長した自分なら何がしてあげられたんだろう。

 

今週のお題「おとうさん」

音痴を直す方法 応急措置

おはようございます。

 

時間管理~、無駄なく時間を使うぞ~、などと毎日意識していますが

昨日は夕食後どっぷり時間を使いました・・

 

長男の音痴を直す練習に。

 

音痴は「狙った音が出せない」喉の問題と、「音程がずれているか分からない」という耳の問題、そして「音域が狭い」3つに分けられ、大多数の人は喉の問題に分類されるそうです。」

音痴の原因って?オンチを直す方法とは - Chromatic Music Lab.

 

しかしうちの長男は

・キーボードで「ドレミファソ」と弾いているのに同じ音が出せない(耳・喉)

・合っている音を出していても、一拍休むと同じ音でもずれる(耳・喉)

・ずれていると指摘しても、「俺の音はキーボードより高いの?低いの?」とどれだけずれているかが分かっていない(耳)

と、音域以前の問題、で耳と喉の複合問題のようです。

 

私には「アカペラでもないのになぜ狙った音が出せないのか」が理解できないのですが、一生懸命フォローしました。

 

とりあえずドレミで狙った音を出す練習をしました。

(この音を出す、と狙いに行ってすらおらず、やみくもに音を出していたようです)

子供には

例えば「ミレド ミレド ドドレレミレド」というメロディーだと

リコーダーやピアノだとミやドは全部同じ場所を弾き同じ高さの音が出る。

歌もそうだ、同じ音を狙って出さないと、と教えました。

0.「ドー」と弾いて「ド~♪」と出させる(ずれてる‥直す)

合ってきたら

1.「ドレミファソ」と弾いて「ドレミファソ♪(ずれてる)」と歌い、それが無理なら

2・「ドシラソファミレド」と下げて「ドシラソファミレド(合ってる!)」

そこから

3・・「ドレミファソー」と歌わせる・・=>ずれる。

=>1~3繰り返し。

 

自分の声が聴こえない場合はバケツを頭にかぶって歌うと良いそうです。

バケツがない場合は、耳に手のひらをかぶせて歌うと多少聴こえます。

しかし歌のテストは姿勢も問われるそうで、手は体の横らしい・・

(採点項目も姿勢、声の大きさ、歌詞を覚えているかも入っているそうでその理論から行くと、音痴でもこれらをクリアーすれば一定の点はもらえそうだが、本人も音痴で大声で歌うのは恥ずかしい模様)

 

もう一日ではどうにもならないレベルで

正直さじを投げたくなりましたが、私は歌も音楽も好きだし

明日のテストはともかく、これを機会に音程を直したいと思ってくれてるのは

良いきっかけだと思い、付き合いました。

 

長男、今日のテスト頑張れ~(震え声)

 にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

iPhoneのエラーを解決したいが機能制限パスワードを忘れて手間取った話

おはようございます。

 

iPhoneが勝手に画面ロックがかかる問題

昨年秋あたりから、iPhoneを触っている最中に画面ロックがかかるというエラーが頻発するようになりました。

たぶんiOSの更新をかけたタイミングだったと思います。

 

そもそもしょっちゅう弄っているのでその度にロック解除をするのはあまり苦にならず、放置して半年以上経過。

しかし最近iPhoneの読み上げ機能を使ってKindleを耳読することを覚え、VoiceOver機能をOnにしてKindleを立ち上げ、2本指で上にスワイプし、読み上げ始めても

またすぐに画面ロックがかかり、読めないという問題にあたりました。

そこで、いい加減にこのエラーを解決しなければ。そもそも保証期間があと少しで切れてしまうので、ハード故障だと急がねば。ということで、解決に乗り出したのでしたした。

 

Appleサポートに言われた解決手順

Appleのコールセンターからは下記を試せと言われました。

1.iOSのUpdateを行う

2.解決しなければ、バックアップを取って一般>リセット>すべての設定をリセットせよ

3.それでも解決しなければ、一般>リセット>全てのコンテンツと設定を消去せよ

 

機能制限パスコードを忘れてリセットできない

1.で解決せず、2.でiCloudでなくパソコンのiTunesで携帯丸ごとのバックアップを取り、すべての設定をリセットしようとしましたが、まさかの4ケタ機能制限パスコードが思い出せない。10回間違えてデータ消去とかにはなりませんが、10回か20回以上間違えると「60分後にもう一度お試しください」となります。もう思い出せません。一晩か二晩経過。

検索するとサードパーティーのツールをインストールするような記事ばかりヒットし、それも気持ち悪い。

Appleサポートには、「機能制限のパスコードを忘れた場合は、お子様のデバイスのデータをすべて消去してから新しいデバイスとして設定し直し、パスコードを削除する必要があります。お子様のデバイスをバックアップを使って復元した場合、機能制限のパスコードは削除されません。」としっかり書いてありました。

初期化するとアプリのパスワード1つずつ入れなおしたりめんどくさいし、バックアップから復元すると機能制限パスコードも復元される(=わからないまま)のよね。

 

結局iTunesから初期化=>バックアップからの復元でエラーは直った

バックアップは取れているし、iPhone本体からは初期化できないのでパソコンのiTunesから復活させました。方法はこちら

iPhone、iPad、iPod touch をバックアップから復元する - Apple サポート

 

最終的に機能制限パスコードをどうやって知ったか

ロックがかかるエラーはなくなったものの、機能制限パスコードは解決したい。。

思いついて、紙に思いつく限りの4ケタの数字を書いてみて、そういえばまだ試していなかったものから入れて行きました。そしたら一発で解決しました・・・orz

意外と思いつかなかった4ケタが紙に書くとでてきます。アナログですが、解決してない方はお試し下さい♪

 

にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ
にほんブログ村

 

<

 

息子「安倍夫人って何してる人なの?無職?首相はそんな人と結婚したの?」

お題「今日の出来事」

おはようございます。

なんか炎上しそうなタイトルですが、ものを知らない子供のたわごとです・・

 

日本に帰国するまでの5年間、時差の関係から日本のニュースはあまり触れてこなかった我が家。

折に触れて知識は伝えて来たものの、日本に帰ってきて食事時にニュースを流すと、連日の「森友問題」報道に圧倒される我が家です。

取り上げ方やニュースの優先順位はどうなんだと思いつつも、私は経緯や、今の状況について子供たちに多少は解説してきました。

 

で、昨日の息子です。

「安倍夫人って何してる人なの?政治家?」

私 いや違うよー

「何してるの?無職?」

まぁそうかな。

「えっ首相はそんな人と結婚したの?」

うーん、首相夫人はファーストレディーとしていろいろ仕事があるんじゃない?

ファーストレディーって何?」

首相とか大統領の奥さん。セレモニーに出席したりとか、晩餐会に夫婦で招かれたりとか。

「そんな仕事あんの」

まぁあるよ。

 

・・

私はここ数年無職なんですが、それまでフルタイムで働いてきたからか、女性も仕事はするもんだという考えが長男には自然にしみついていたのかな?

一方次男には私が仕事をしていたという記憶はないらしく、一度「家の事はおかあさんの仕事」と言ったことがありました。私は「今はおとうさんとおかあさん、外と中で分担しているが、そうでない時もある。男でも女でも関係なくおうちの事・お金を稼ぐことはできていないといけないし、今はどちらも働いているうちの方が多いから、おうちのことは男でもできないといけないのよ」

と聞かせました。

とはいえ今はうちにいるわけで。私の態度や考え方に影響された長男と、行動(=実際にはお母さんはうちのことをしている)を見ている次男。

 

将来、おうちのことをちゃんと出来る男にならないと、結婚できてもできなくても困るよ~。とは伝えております。

 

以上政治とは全然関係ないお話でした。

 

行動が遅い人が毎日を少しずつ改善する方法

おはようございます。

 

仕事が遅い人は早い人の真似をするのもありますが、

早い人を参考にするとへこむので、ハードルを下げるのがいいかと思っています。

 

以前言われたのが

「毎日3つゴールをセットして、それが出来たら良しとする」

です。

3つならなんとか達成できそうですが、10個だとたぶんできません。

できた、という達成感の方が「積み残した・・」という自己嫌悪より良いはず。

 

私もできるだけ3つを、しかも早い時間のうちに終わらせ、それ以外例えば7つやりたいことがあれば、それは「できればよし」と残りの時間でやるようにしています。

 

他、小さいころから忘れ物や遅刻が多い人は、もしかしたら広範性発達障害かもしれません。程度の差はありますし、グレーゾーンにいる人も沢山います。

下記のサイトに広汎性発達障害の人が日常生活で対処している方法が載っていますが、

主にこんな感じです。

 

メモをとる
タイマーを設置
スマホでスケジュール管理
整理整頓してラベルを貼る(そこに時間をかけすぎない)
やることを書いてできたら消す

 

行動が遅い人にも適用できる気がします。

xn--cct58d99as4zbmmsy1bvgj.biz

 

あとは、「やらないこと」を決めてそれをやらない。

(自分に言い聞かせ)

少しずつ改善していくと、1年でずいぶん変わると思います。がんばろう~

修学旅行の思い出はなぜか一条ゆかりの「それすらも日々の果て」

今週のお題「修学旅行の思い出」

 

おはようございます。

修学旅行。小学校の修学旅行は伊勢でした。

駅に集合すると、「修学旅行専用の列車」が仕立てられていて、長い長い車両に2、3校の小学6年生が乗り込んだ記憶があります。

1度くらいホームにストップしますが、ほぼノンストップ。といっても普通の快速電車のようなスピードで、のんびりのんびり行った記憶があります。

 

なぜか浮かぶのは、その電車の中で読んだ漫画。

 

初体験をしたい主人公が、つきあっているずいぶん年上のスーツが似合うおじさま?に

海が見える別荘やらプレゼントやら、シチュエーションをセットしてもらうのだが、、

みたいな話でした。(記憶では)

りぼんコミックスですが、今思うと12歳の子が読む内容にしてはどうなんだ。。。

 

しかしその後りぼんにはNANAが連載され10代の妊娠だのなんだのが普通に載っていたようで、たぶん成人していた私はびっくりした覚えがあります。

 

肝心のお伊勢さんはどうだったのかというと、夫婦岩が強烈に寒かった記憶しかありません。

かように、十代に読むコンテンツは時に修学旅行そのものよりも強烈な記憶を残すのでございます。。?うちの子たち大丈夫かなー。

 

では今日も良い一日を~。