てれてれ日記

かなり時代遅れですが諸事情により独自ドメインで文章を書く練習を始めました。スマート家電使いこなし、子育て、日々のライフハック?的な内容です。

家族携帯を買うなら同時加入が良く、SIMカードのみの契約より無料機種付きのが安い

私が作ったスマホの誓約書は二つ返事でオーケーされ、昨日は家電屋さんにスマホを契約しに行きました。

 

契約料金については、YモバイルとUQモバイル楽天モバイルの3社を比較しました。

私が既にこのうちのUQで加入しており、1番安い料金プランで主回線は月額1,980円(2年目からは2,980円)。副回線は月額1,480円となります。これは、Yモバイル、楽天モバイルも、同じ条件の料金プランを持っています。

なので、主回線と同じ会社でもちろん申し込みました。

問題は、この3社の格安SIM携帯は、大手3社と同じように、2年縛りがあるということです。解約月以外は、解約手数料9,800円(うろ覚え)が発生します。

つまり、大手3社と同様に、2年単位で契約会社を乗り換えるのが最もお得です。

ここで問題が判明します。私の解約月は2020年4月。息子の解約月は2020年6月。2ヶ月タイムラグを持っているため、2カ月間、残された方が主回線の料金を払うか、解約料金を払うかしなければなりません。

めんどくさいです。

 

また、無料でiPhone SEやシャープのアクオスHUAWEIスマホなどが選べました。私が前回加入時にもらったiPhone SEが未使用なままあったので、今回もSIMのみの契約でもよかったのですが、本体付きの方が割引額が大きく、結果として2年間に払うお金に20,000円以上の差がついたので、1番割引率の良い機種を選んで受け取ることにしました。

いつも思いますが、携帯の料金プランと割引の仕組みは本当にトリッキーでわかりにくいです。計算苦手なので疲れた…