てれてれ日記

かなり時代遅れですが諸事情により独自ドメインで文章を書く練習を始めました。スマート家電使いこなし、子育て、日々のライフハック?的な内容です。

子供のスマホ問題 ペアレンタルコントロール、フィルタリングについて調べた結論

スマホ購入して4日目、初期設定を終え親が心配なことを調べてみました。
調べた結論からいうと、
 
・年齢に応じた最低限のフィルタリングは必要。
・各社傾向として使用時間、アプリ監視機能は充実しつつある
・しかし過度な監視ツールは信頼を損ねる。
・何より必要なのは信頼関係と、親と子供両方のネットリテラシー教育
かなと思いました。私は監視ツールは今の自分の子供の利用状況ではいらないかなと思います。
 

 

親目線のスマホに関する考え

心配すること

私個人の心配です。 

・使いすぎによる勉強・健康への影響
・アダルトサイトにはまり間違った女性観を身につけてしまう
SNSにはまりスマホから離れられなくなる
・ネットいじめや友人関係のトラブル
・不特定多数の人との交流・トラブル
・裸の写真・バカな写真などをUPしのちの人生にダメージを与える
 

一方で期待すること

・便利なツールとして使いこなせるようになる
リテラシーを身に着けてネットの海を泳げるようになってほしい
  
今のところアダルトやSNSよりは使いすぎが心配なだけ。=>使用時間の制限は今タイマーでやっている。場所はリビングのみ使用可。
ただ今後年齢があがり、親から見えないところでディープなサイトにはまると心配ではあり
携帯を買ったばかりの今のうちに「どんなコンテンツを見ているか管理できるアプリ」を反発される前にいれていくのもありかも。でも監視ツールは信頼を損ねる可能性もある。
 
一方、アダルトやら何かをみたさにインターネットやPCを使いこなせる知識をつけて乗り越えてきてほしいとちょっと思っている親でもある(どっちやねん)
 
こういった情報を調べている親御さん向けに、私が現在取っている対応と足りないものに関連するアプリ情報をまとめました。
 

私が現在取っている対応

 

自宅のネット

eO光のフィルタリングオプション(無料)
 

スマホ

・あんしんフィルターbyUQモバイル=>中学生に適したフィルタリング(高校生もあり)/ただしSafariが使えなくなる、使用時間制限設定はAndroidのみ
Google セーフサーチロック(あんしんフィルターと重複)
iPhone ファミリーリンク(新規アプリインストール時は親に承認申請が飛ぶ。「友達を探す」機能で位置を把握)
 

まだ足りないもの:使用時間管理と使用アプリ監視対応アプリ

複数の端末状況を一元管理することをMDM(Mobile Device Management)というようで、アプリ監視はこれにあたるようです。
・「あんしんフィルター by au」では今年4月より使用状況管理が可能なようです。
・他、主要なアプリ
 Family Time(iPhone, iPad)、スマモリ(Android)、まもるゾウ(Android)、モバイルフェンス(Android)、Qustodio(日本語未対応、ソフトバンクが提携)
 

十代の子供の意見(Yahoo!知恵袋より)

 

はまりすぎてしまった子供の意見

 

 結論

管理アプリを入れてもSNSを使っているか、検索をしているか、Webブラウジングをしているか、ゲームをしているか、などのカテゴリーしかわからない模様。(違ったらだれか教えて下さい) アダルトコンテンツはブロックしているし、子供が使いすぎているかどうかは子供を見れば一目瞭然。自室に持ち込まないルールにしているので問題ないかなという気がします。

年齢が上がって自室に持ち込んだり依存度が増して約束を守れないようであれば、考えるタイミングかもしれませんが。それまでにプライバシーについてや性教育、ネットリテラシーについて教えておくことが大事だと思います。