てれてれ日記

かなり時代遅れですが諸事情により独自ドメインで文章を書く練習を始めました。スマート家電使いこなし、子育て、日々のライフハック?的な内容です。

修学旅行の思い出はなぜか一条ゆかりの「それすらも日々の果て」

今週のお題「修学旅行の思い出」

 

おはようございます。

修学旅行。小学校の修学旅行は伊勢でした。

駅に集合すると、「修学旅行専用の列車」が仕立てられていて、長い長い車両に2、3校の小学6年生が乗り込んだ記憶があります。

1度くらいホームにストップしますが、ほぼノンストップ。といっても普通の快速電車のようなスピードで、のんびりのんびり行った記憶があります。

 

なぜか浮かぶのは、その電車の中で読んだ漫画。

 

初体験をしたい主人公が、つきあっているずいぶん年上のスーツが似合うおじさま?に

海が見える別荘やらプレゼントやら、シチュエーションをセットしてもらうのだが、、

みたいな話でした。(記憶では)

りぼんコミックスですが、今思うと12歳の子が読む内容にしてはどうなんだ。。。

 

しかしその後りぼんにはNANAが連載され10代の妊娠だのなんだのが普通に載っていたようで、たぶん成人していた私はびっくりした覚えがあります。

 

肝心のお伊勢さんはどうだったのかというと、夫婦岩が強烈に寒かった記憶しかありません。

かように、十代に読むコンテンツは時に修学旅行そのものよりも強烈な記憶を残すのでございます。。?うちの子たち大丈夫かなー。

 

では今日も良い一日を~。