てれてれ日記

かなり時代遅れですが諸事情により独自ドメインで文章を書く練習を始めました。スマート家電使いこなし、子育て、日々のライフハック?的な内容です。

地震の後 余震に備えて準備したものリスト

おはようございます。

昨日は関西の方々はびっくりしましたね。。

地震が起きた時刻は下の子が登校し、上の子と私はうちにいたのですが、地響きとともにものすごい揺れがありました。

慌てた上の子と私で一旦玄関から外に出ましたが、おさまったので室内に入りました。

食器棚からグラスが落ちて割れていました。

 

震源地が「大阪北部」という報道に私たちが結構真上にいること、NHKの緊急具合からただ事ではないと思いました。下の子は学校校門通過というGPSサービスのメールが届いていたので「たぶん大丈夫」、上の子は「もう学校いくから」何・とさっさと登校してしまいました。

 

案の定子供達の学校は休校となり、昨日は余震に備えて何ができるか考えて、ある程度の準備をする一日でした。

あまり経験を積みたくないものですが、私たちは過去20年ほどの間に大きな震災をいくつも経験しています。本当の当事者になったのはこれが初めてですが、記憶を頼りに買い出しに走りました。

朝9時時点でコンビニは混んでいて、10時にはおむつやラーメンを爆買いする人たちでドラッグストアは長蛇の列でした。

 

<用意したもの>

・飲み水

・食料少し(パンやラーメン、食器が不要なもの)

・トイレ用の水(ふろおけやバケツなどに溜める)

・ガソリン

・懐中電灯

・乾電池

・乾電池が使えるスマホ充電ケーブル

・乾電池で使えるラジオ

・ガスコンロ

・枕もとにスリッパか靴(大きな地震でガラスが散乱している時に足を切らないように)

非常持ち出し袋(現金・通帳・印鑑・一泊分くらいの支度)

 

特にトイレは、断水のときに流せずすぐに山もりになり、かなりキツイと肉親から聞いていたのを思い出しました。

スマホの充電とガソリンは東北の震災を経験した友達から。

ガスコンロはうちがオール電化なのと、両親の経験から。

 

阪神淡路のあと、「寝るときは眉毛書いて寝てる!」と言っていた人のことを思い出したり。

ほんと震災多すぎです。

 

普段は断捨離、「使うものしか置かない」「使うものは都度amazonで買えばよい」

と思っていますが、こういう時って「備える」「念のため」で、断捨離と対極にあるよなぁ。。

でも普段のシンプルな暮らしは電気にネットや宅配サービスなどの安定したインフラがあって成り立っているもの。

地震への備え、ある程度はいるものですね。

 

昨日のが本震で、余震がもう来ませんように。